BCショップトップ 登山靴フィッティングお客様の声
お客様サポートお問い合わせ
ゲストさんでログイン中

topページ > 登山学校 > 冬の上高地 スノーシューで 写真教室

1月17日〜18日 渡辺幸雄の山岳写真教室 2日間冬の上高地 スノーシューで 写真教室

商品番号 kamikochi

18,000円(消費税込:19,440円)

[ 送料込 ]

受付を終了しました

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

冬の上高地 スノーシューで 写真教室




冬の上高地 スノーシューで撮影ツアー (夜は中の湯温泉でゆったり)

1月17日-18日

集合時間: 13:30(松本)15:00(沢渡)
解散(予定)時間:17:30(沢渡)18:30(松本BT)
集合解散場所:松本駅もしくは沢渡バス停


※ 松本から14:05発高山行きバスで「中ノ湯」バス停下車、釜トンネル・ゲートで中ノ湯の送迎バスに乗り換え。もしくは15:10沢渡で同バス(もしくはタクシー)に乗車し、釜トンネル・ゲートへ


『山岳カメラマンの渡辺幸雄です。』

この度「冬の上高地撮影ツアー」を企画いたしました。

11月15日に閉山式を終えた上高地は4月下旬のバス開通まで、長い冬の眠りにつきます。

交通機関が使えないため徒歩で訪れる方のみの白銀の世界で、上高地が本来の静かな姿に戻る季節であります。

 冬の上高地の魅力は荘厳な雪の頂き穂高連峰の展望、梓川の清流や氷の張った大正池。焼岳の雄姿はもちろん、タイミングが良ければ霧氷に遭遇する機会にも恵まれます。霧氷は冬の上高地における風物詩の一つですが、毎日必ず見られるものではありません。

それだけに運良くチャンスに恵まれれば感動的な光景に巡り会えることでしょう。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

1日目 13:30松本駅(もしくは15:00沢渡)集合
    16:00中ノ湯温泉着
    16:00-17:00スノーシューの試し履きで周辺散策

2日目 06:00中ノ湯温泉出発
    06:30 釜トンネル・ゲートより歩き出し
    07:30-08:15 上高地・大正池(朝食&撮影タイム)
    09:15-10:30 田代池(撮影タイム)
    12:00-12:30 河童橋付近(昼食&撮影タイム)
    15:00 バスターミナルを経由して釜トンネル・ゲート着
    16:30 中ノ湯発
    18:30 松本(もしくは17:30沢渡)解散

参加費 18,000円(税込)
中の湯温泉宿泊予定
(宿泊費別途必要です。11000〜15000)円2食付き程度)
宿泊費・交通にかかる費用別途

参加受付 2015年 1月7日締切



● 撮影メモ
撮影日は朝昼お弁当(行動食)です。
撮影時や休憩時にお召し上がり頂くようになります。
中ノ湯でテルモスにお湯などを入れ、持参しましょう。

この季節の上高地は、晴天時の最低気温がマイナス15度以下になります。行動中は運動量が多いのでさほど寒さは感じませんが、撮影待機中などは寒さが身にしみます。
防寒具は万全を期してください。撮影機材で寒さ対策が必要なのはバッテリー。
予備を懐に入れ暖め、作動しなくなったらすぐ交換するといいでしょう。また山行直前に必ずフル充電をしてきてください。


●登山装備等
手袋、帽子、ダウンジャケット等の防寒具、登山靴もしくは防寒靴、スパッツ、スノーシュー&ストック(中ノ湯でレンタルも可)、サングラス、テルモス、ヘッドライト


● 撮影機材 カメラ(コンデジでももちろんOKですがデジタル一眼がベター)、交換レンズ(特殊効果を狙うのでなければ基本35mm換算24〜200mmで充分)、三脚、予備バッテリー(充電済み)、逆光撮影時のハレ切りボード(田代池で霧氷撮影時はレンズフードでは不充分です。厚紙などでも代用できます)。