LOWA TAHOE 手入れ ローバー タホープロ

BCショップトップ お客様の声
マイページ

公式サイトはこちらから



ゲストさんでログイン中

topページ > マウンテンギア > 登山靴 > コロニル シュプリームクリーム 1909 磨き布付き

登山靴のお手入れ 仕上げクリーム
登山靴のお手入れ 仕上げクリーム
コロニル シュプリームクリーム 1909 磨き布付き
コロニル シュプリームクリーム 1909 磨き布付き

レザー登山靴の艶出しに最適な仕上げクリームコロニル シュプリームクリーム 1909 磨き布付き

商品番号 supreme1

3,630円(税込)

カラータイプ
数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

登山靴のwax加工の最後に使えば最適な艶だしクリームです。

コロニル シュプリームクリームと、磨き布2枚と、使用方法についての参考冊子付き。

ご購入後は、ご購入者様専用のサポートサイトにて、
解説動画もご覧いただけます。


ヌバック・オイルレザー・表革
登山靴、バック、シューズに。


セット内容
●シュプリームクリーム 1909
●磨き布2枚(マルチカラー)
●使用方法の参考冊子

登山靴のお手入れ WAX加工セット

タホー 手入れ

ダナー 手入れ











この商品を買った人はこんな商品も買っています。

wax加工おすすめ




●通気システムの豆知識●

登山靴の通気システムについて

レザーにWAXを塗りこむと
通気性が損なわれるというような
誤った情報をお聞きすること
があるかもしれません。

ここで、登山靴の通気システムについて
ご説明させていただきます。

まず下記の図をご覧ください。


LOWA社作成


この図は、LOWA社が登山靴の
通気システムについて説明しています。


まず、登山靴の内張りを通して
靴の内部に湿気が入ります。

登山靴は歩いているときは
常にポンピング作用という
動きを繰り返しています。


「ポンピング作用とは?」

歩くことで靴に体重がかかると、内張りを横方向に
押し出し、また足を上げると上方向に
押したり戻したりという動作がおこります。



このとき、靴内部の空気は、ポンピング作用により
足首のメッシュなどのベンチレーターから常に空気が
入ったり出たりを繰り返しているのです。

もともと、登山靴は、レザー表面から空気の出入りを
期待していません。

足首に設けられたベンチレーターシステムから
常に空気の出入りがあるため、湿気を効率よく
靴の外に放出しているのです。

誤り×「WAXを塗りこんだから蒸れるようになる」

というのは、気にする必要はありません。

歩けば、その動きで、足首のベンチレータから
常に靴内部の湿気や空気は出入りしているのです。

この構造をご理解いただければ
安心してWAX加工を施していただけると思います。



Back-Country穂高 太田 毅彦